ビジネス英語が仕事を充実させる|自己紹介で差をGet

意味のある英語を学ぶための方法とは

必要となるスキル

英会話教室による料金形態の違い

大人になってから苦労しないようにと、子供に習わせる親も年々増えています。 そんな方のために、今回は英会話にまつわるお金の話をしていきたいと思います。 まず、教室によって料金の支払い方に違いがあるので注意してください。 支払い方には大きく分けて2種類あります。 その一つは月謝制です。 これは、1ヶ月分のレッスン料を毎月払う方法です。 小規模な教室や個人経営の教室はこの方法の場合が多いです。 もう一つはチケット制という方法です。 これは、半年から1年分のレッスン料をまとめて払う方法です。 CMなどで見る大手の教室はこの方法の場合が多いです。 チケット制の場合は途中で通えなくなってしまった場合、お金が無駄になてしまうので気をつけてください。

レッスンの平均料金を知ること

次に、教室に通うにはどのくらいのお金が必要かを紹介します。 大人の場合と子供の場合に分けて進めていきたいと思います。 まず、大人については、グループかマンツーマンかによって大きく変化します。 グループの場合、50分当たり2千円〜3千円がおおよその金額になります。 グループは8人程度の人と一緒にレッスンを受けます。 マンツーマンの場合、50分当たり6千円〜8千円がおおよその金額になります。 この二つの間に、少人数制を設けている教室もあります。 子供については、一般的な月謝はおおよそ7千円〜1万円くらいです。 時間数やプランによって変化します。 また、ネイティブの講師だったり、個人レッスンの場合は2万円以上になる場合もあります。 平均的な料金を知ることによって、英会話教室選びの一つの指標になると思います。 総合的に考慮してうえで英会話教室を選ぶようにしてください。

Copyright © 2015 ビジネス英語が仕事を充実させる|自己紹介で差をGet All Rights Reserved.